日本行動計量学会 第45回大会

ポスターセッション

ポスターセッション概要

 ポスター・セッション(一般セッション・特別セッション)は発表者と数名の聴衆の間で深い議論が可能となります。特別セッション,一般セッションともにポスター発表での発表形式を選択することが可能です。
「若手のための発表の場」という位置付けではなく,口頭発表の一般セッション・特別セッションと同じ扱いでございます。むしろベテランの方の最近の研究書の内容をご披露するなど幅広いご利用を歓迎いたします。通常の発表とは違う意味での研究の深化の機会となると思います。積極的にご活用・ご参加いただくことにより,日本行動計量学会,行動計量学,皆様のご研究がより発展することに寄与できればと思っております。どうぞ積極的にご応募下さい。

発表資格

 発表資格は口頭発表と同様です。発表にあたっては著者の中に1人,会員または入会手続中の方が含まれている必要があります。
 連名発表で主発表者が欠席の場合には,大会実行委員長の承認を得た場合に限り連名発表者の1人が代行可能とします。

発表方法の詳細

 一般セッション「ポスター」は、2017年8月31日(木)12:30~13:30に看護学部棟4階13408、13409、13413、13414演習室を会場として実施します。発表は、次の要項に従って行いますので、発表者の方は、間違いのないようにしてください。

【ポスター発表の成立について】

  1. ポスター発表は、指定された時刻までに会場の指定されたボード位置にポスターを掲示し、指定された責任在席時間(60分間)中、在席し、質疑に応じることにより、正式発表とみなされます。
  2. 責任在席時間は、2017年8月31日(木)12:30~13:30の60分間とします。責任在席時間以外の時間に在席されることは自由です。
  3. 12:30に、ポスターセッションの座長が席に着き、発表者の在席を順次確認します。その後、13:30にも発表者の在席を確認します。
  4. ポスター発表者が欠席した場合、および責任在席時間にいない場合は、「発表取消」となります。発表者の欠席、(連名発表の場合の)発表者の交替などについては、会期前は大会実行委員会に、会期中はポスターセッション座長にご連絡ください。

【ポスターの準備について】

  1. ポスター掲示板(ボード)の大きさは、縦90cm×横180cm(A0サイズのポスターが掲示可能)です。これをポスターの大きさの上限として作成してください。
  2. ポスターの上部には、発表題目と発表者全員の氏名と所属をご記入ください。連名の場合には主発表者に〇印を付けてください。

【発表当日について】

  1. 発表者は、発表当日の11:20までに総合受付で発表手続を行ってください。発表者の到着確認を行います。その際、ポスター掲示用の押しピンを受け取り、発表会場の指定された番号のボードにポスターを貼ってください(もし別の方法でポスターを貼り付けたい場合は、必要なものをご持参ください)。
  2. 発表者がどの部屋で発表を行うかは、ポスター会場にわかるように掲示しますので、ご確認の上、ご準備ください。
  3. 発表者は、11:30までに貼り付け作業を終了してください。11:30の時点で貼り付けが終了されていることを実行委員が確認します。
  4. 発表用の資料は原則として抄録集に掲載されたものとします。補足資料を配付される方は、50部程度をご持参ください。配付も各自でお願いします。
  5. 掲示したポスターは、ポスターセッションの座長が終了をお知らせした後、16:30までに片付けてください。それ以降も掲示したままのポスターは大会実行委員会で取り外し、処分いたします。