日本行動計量学会 第45回大会

大会実行委員長挨拶

大会実行委員長
西川 浩昭(静岡県立大学)

 2017 年度の第45 回日本行動計量学会の大会を静岡県立大学で開催いたしますので,ご周知をいただければと存じます.

 本学の紹介をさせて下さい.静岡県立大学は1987年に前身となる県立3大学(静岡薬科大学,静岡女子大学,静岡女子短期大学)を改組・統合して総合大学と生まれ,今年30周年を迎えました.その様なときに日本行動計量学会の大会を開催出来ることを喜ばしく思います.本学は,薬学部,食品栄養科学部,国際関係学部,経営情報学部,看護学部の5学部からなる,理系・文系を併せ持った総合大学で,学生数は学部と大学院を合わせて,約3,000名と中規模な大学です.県立大学という性質上,学生の多くは県内からの進学生です.一昨年,学生定員を増員したことに伴い,看護学部の一部を市内に新たなキャンパスを設け,移転しましたが,学会大会は以前からのキャンパスで催します.このキャンパスは来年の4月から草薙キャンパスと改名され,周辺には県立の美術館,図書館があり,その一帯は文化の丘と呼ばれる文京地区で,眺めの良い高台に位置しています.天気がよければ写真の様に富士山もご覧になれます.草薙は日本神話に出てくる草薙の剣にちなんでおり,少し離れたところには,プロ野球の試合も開催される草薙球場があります.

 本学にお越しいただくには,新幹線等をJR静岡駅で下車後,東海道線ののぼりで2駅目の草薙で下車し,そこから徒歩で15分ほど,本数は少ないですが,バスの便もあります.詳しくは本学のウェブサイトをご覧下さい.さて,今回の大会についてですが,今年と同様に「特別講演:柳井レクチャー」,「ポスターセッション」,「ラウンドテーブルディスカッション」等の開催を予定しています.また,来年は,本学会の初代理事長の林知己夫先生の生誕100周年にあたることから,林知己夫先生に関係したセッションの開催を予定しています.申し込みなどについての詳細は決まっていませんが,例年と同様なスケジュールとなる予定です.発表や参加の申し込みなど詳細が決まりましたら,会報や学会のウェブページ,会員用メーリングリストなどでお知らせいたします.

 本学会としては静岡での開催は初めてと言うことで,多くの皆様のご参加をお待ちしております.