会場写真

ラウンドテーブルディスカッション

ラウンドテーブル・ディスカッションに参加される皆様へ

 本大会では、大会実行委員会企画としてラウンドテーブル・ディスカッションを行います。ラウンドテーブル・ディスカッションは、円卓を囲み話題提供者(発表者・オーガナイザー)のテーマにより自由に意見を交換しながら議論する場です。テーブルを囲む参加者は自由に発言できます。しかし議論した結果を特定の結論に至ることは課題としません。
 ラウンドテーブル・ディスカッションは研究成果を報告するだけではなく、現在抱えている研究上の疑問、現場での課題、課題についての解決策などを持ち寄り、参加者全員で当該のテーマについて議論します。また、これまでの現場での体験や研究成果をもとに新たな仮説を提案し、それを元に議論することも可能です。
 一つのセッションの時間は60分となります(セッションを2つ組み合わせた120分のセッションもテーマによりあります)。一般セッションとは異なり、十分な時間をかけて話題提供者と参加者が自由に意見交換を行い、テーブルを囲む全員が同じ立場と目線で話し合います。また、議論した内容を踏まえた上で、話題提供者だけでなく、フロアにいらっしゃる方々の研究についても、改めて深く考えていただき、今後のご自身の研究をどのように発展させたいかを考え、その内容をグループで共有し、さらに意見や感想をやりとりしていただくような研究者の交流の場としてもご活用いただければと思います。
 さらに、テーブルを囲む参加者以外で、周囲のオブザーバー(テーブルの周囲の聴衆)も議論に参加することも可能です。話題提供者と参加者が意見を交わしている状況に、オブザーバーも発言していただいてもかまいません。
 なお、本大会では会場設営の都合上、円卓ではなくテーブルをロの字(四角)に配置します。
  1. ラウンドテーブル・ディスカッションは話題提供者(発表者・オーガナイザー)も参加者もともに着席して開始します。各円卓(ロの字型)に椅子を15脚程度準備します。参加希望者が多い場合は、周りのオブザーバー用の席をご利用ください。
  2. まずは話題提供者が、研究の概要と論点についての説明を行ってください。
  3. 話題提供者は、参加者と同じ立場にたって、テーマについて議論できるような発表用の資料をご準備ください。発表には、液晶プロジェクタが利用できます。コネクタはVGA方式に対応しております。ただし、PCはご自身のものをご持参ください。また、セッション開始前に接続テストを済ませてください。何か不都合がございましたら、大会実行委員会にご相談ください。なお、発表用の資料は原則として抄録集に掲載されたものとします。補足資料を利用する場合は、テーブルによって参加人数は異なりますが30部程度を目安として配布プリントをご持参ください。
  4. その後は話題提供者の発表の流れに沿いながら、討論者などからのコメントを交え、参加者全員で意見交換を進めてください。意見が活発に出始め、論点が具体化したらその流れに任せてください。
  5. 司会者は第一の参加者として発言者を助け、ラウンドテーブルを囲む全員が交流できるよう、話題提供者と討議の開始と進行を支えてください。参加者に対し発言を促すようなことも状況に応じて行ってください。ただし、研究報告の主体は話題提供者であり、討議の主体は話題提供者と参加者です。司会者が進行を気に使わずとも、両者の発言が順調に進み始めたら、司会者は、討議については自然の成り行きに任せてください。なお、司会者は、全体の意見をまとめたり、結論づけたりすることに責任を負う必要はありません。一参加者として、意見の交流を楽しんでください。また、討論者や他の参加者と協力し、時間どおりの開始と終了を目指して、時間の管理と進行をお願いします。
  6. 今回のラウンドテーブル・ディスカッションでは、討議に加わらず、周囲で見学をするだけでも構いません。しかし、一言でもご自身の意見を述べていただくだけでも研究の交流が生まれますので、可能な限りテーブルに着席し、討議に参加してください。一人でも多くの方にテーブルに着席して議論に参加していただければ、意見交換も盛り上がると思います。積極的なご参加をお願いいたします。

ラウンドテーブル・ディスカッション会場イメージ